株式会社システムシェアード

株式会社システムシェアードは、システム開発、IT教育のエキスパートです。

システムシェアードの仕事を知る

開発の仕事

about
スキルによって大きく二つにわかれます。ひとつは設計のお仕事。設計に携われるのは、ある程度の経験者になってから。様々な業界のお客様がいるので、抱えている課題を把握し、システムでどう解決するのかを決定し設計します。未経験の方は、プログラミングから入ります。プログラミングの技術は研修で習得して貰いますから、足りないのは実戦経験だけ。実践経験に関しては、先輩エンジニアが設計書の見方やアドバイスをくれるので一緒に作業分担をして開発(プログラミング)をしていきます。システム開発はチームプレーが肝心。スキルや経験に応じて、役割を割り振り、全員で目的達成を目指します。
point
新しい技術・テクノロジーに触れ、それらを習得したり、習得した技術で、沢山の方々の役に立てる喜びがあります。成長に限界がないので、上昇志向の方には最高の仕事です。また成長した分だけ自分の価値が上がるので、一度身についた価値は簡単には落ちません。もうひとつの醍醐味は多くの業種に携われるということ。ITは企業の競争力には欠かせません。そんな中最前線でレベルの高い方々と仕事ができる喜びは相当なもの。価値を創造するクリエイティブな職種なので、苦労も勿論ありますが、非常に楽しい、やり甲斐のある仕事だと思います。

教育の仕事

about
ITに関連する初級~中級の技術を教えていきます。約3ヶ月~半年間、講師は受講生と向き合う中で、知識だけでなく生徒さん達が求める結果(就職やキャリアアップ)を全力でサポートします。はじめは約半年間サブ講師として、講師のフォローをしながら、一人前の講師を目指します。生徒さんは10名~多い時で30名程度。50分を1時限として、1日6時間程度。週に4日~5日程度指導をします。カリキュラムは社内にある資産以外でも、ご自由にお作り頂けます。
point
直接生徒さんの成長に携われたり、多くの人たちと濃く付き合う事が出来ます。その中で生まれるご縁は時に人生を変える衝撃があります。人に教えるには、自分が理解するだけでは足りず、深く理解し相手が理解するために、工夫が必要となります。そういう事を繰り返すうちに講師は非常に深い知識と経験を積めるようになります。何よりも生徒さん達が、卒業式に感動して涙を流して喜んでくれたり、感謝状や想いの篭った色紙を貰った時は、全ての苦労が吹っ飛びます。懸命に取り組んだご褒美として、涙を流して感謝される経験がしたい方は、最高の仕事です。

営業の仕事

about
主に同業種のIT関連企業への営業活動となります。個人向けに押し売りしたり、飛び込み営業がメインではありません。システム開発では様々なお客様のご要望にそって、自社の技術者をご提案したり、システム開発のご要望をSEと共に吸い上げ、ご提案書を作成することもあります。 自社サービスの営業に関しては、日本初のWEBサービスという事と、世間のニーズがマッチする商品なので、比較的ご提案しやすいです。営業部は、サービス事業部で創造した最高の商品やサービス、人財を世の中に広め、価値を伝えていく役割を担っています。
point
お客様と最も近い場所でやり取りが出来るということで、良いことも悪いことも直接受ける機会が多いです。当社の場合有り難いことに、お褒めの言葉が多いので嬉しい気持ちになれます。また職種柄多くの人たちと、知り合うことが出来るのでご縁が広がり、人としての幅も広がります。また苦労して商品やサービスが売れた時の、喜びや達成感は凄いものがあります。やはり営業は企業の花形なので、企業が大きく成長するもしないも営業に掛かっています。そういう大切な役割を任されるというのも、営業の醍醐味ではないでしょうか。

総務の仕事

about
社員が働く上での様々な規定作りや、環境整備、勤務表取りまとめ、備品の調達、人財の採用、経理業務等。非常に沢山の多岐に渡る仕事を任されています。縁の下の力持ちです。表に登場する機会は少ないものの、総務業務がなければ殆どの業務がストップする位に、多くの部署と連携し、影ながら会社を支えている仕事です。当社における総務業務は大きく分けて5つ。人事、総務、庶務、法務、財務です。これを企業の成長に合わせて、それぞれ深掘りさせていきます。
point
縁の下と言えども、見てくれている社員もいるので、感謝や労いの言葉を貰えると最高に嬉しいです。また多くの業務をマルチタスクで回すことにより、スケジュール調整力、管理能力、整理術、折衝力、コミュニケーション能力、調整力等様々な能力が身につきます。また総務の施策如何で大きく会社が成長したり、リスクヘッジしたりと、会社や社員に対して大きな影響力を与える場面も、多くあるので、非常にやり甲斐を感じたりします。

サイトマップ