東京ITスクール

2017年度 新人Java研修

身に着けるのは『技術力』と『社会人力』ブレない軸の形成がプロフェッショナルへの第一歩。

7つの習慣 for新人ITエンジニア 2017年4月より開始!

このような新人の悩みありませんか?

  • 正当な理由のない遅刻早退目立つ
  • 報告がなく、何の作業をしているかわからない。
  • 指示待ち族で、指示がないと何もやらない
  • 自分自身で考えずすぐ答えを求める。
  • 人と目を合わせて会話することができない。

私たちが掲げている研修理念は「自立型人財」の育成。

技術研修で技術を習得するのは当たり前です。ただし、仕事で大切なのは技術だけではありません。

私たちの研修テーマは「自立型人財」の育成です。技術力はもちろん、社会人力と、しっかりとしたスタンスを持った人材育成を目指しております。社会人としての軸を作ることがもっとも大切だと考えております。

最高の研修を目指すための3つのこだわり

最高の教育を、最高の講師が、最高の費用対効果で。

こだわり1 最高のカリキュラム

良いカリキュラムができるまでには多くの失敗があります。東京ITスクールの運営はJavaに特化した開発会社です。研究開発チームにより常に最新の動向が研究されており、常に先端の技術が研修に盛り込まれております。新たなコンテンツは自社の社員育成で検証をし、成果がもっとも出た仕組みをエッセンスとして皆様にご提供しております。

こだわり2 最高の講師陣

講師はもちろん現役SEです。現場の生きた技術をお伝えするのは、技術研修をご提供する上での大前提。私たちがこだわっているのは、技術はもちろん、『社会人力』と『スタンス』を身につけた生徒を、自信を持って社会に送り出すこと。それを実現するのが、当社の『トレーナーズトレーニング』という講師育成メソッドです。選抜された現役SEが、年間を通じて厳しい研修を受け、最高の教育をお届けできる準備をしております。

こだわり3 最高の費用対効果

助成金利用で実質0円。ただし、一点注意がございます。助成金は良い部分だけが注目されがちですが、実際には受給までに多大な労力がかかりその説明は無視されることがよくあります。そこで私たちは、ご担当者様の負担軽減にこだわりました。日本初の助成金申請システムをご利用いただくことで、費用だけではなく申請から受給までの長期に渡るご担当者様の負担も、限りなくゼロに近づきます。もちろん専任のコンサルタントが最後の最後まで責任を持って伴走いたしますのでご安心ください。

最高のカリキュラム

教材は最高水準。教育に必要なエッセンスは実務から抽出。

  • ・常に最先端の技術が盛り込まれております。研究開発チームにより、常に最新の動向が研究されております。
  • ・新たなコンテンツは自社の社員育成で検証します。成果がもっとも出た仕組みをエッセンスとして皆様にご提供しております。

研修終了がゴールではありません。年間を通じて成長サポートを行います。

  • 内定者向け研修

    時間と場所を選ばない動画学習
    内定者向けにプログラム作成の基本を未経験者でも理解できるよう、e-ラーニングを提供しております。研修に入る前に不安を解消し安心感を持って研修をスタートいたします。
  • 新人Java研修

    現場から逆算した研修内容
    研修内容は全て現場で必要となるスキルから逆算で作っております。ソースコードリーディングや改修作業から現場参画時に必要となるスキルシート作成や面談練習まで実施いたします。
  • 終了後フォローアップ

    フォロー研修による継続的な育成
    研修終了で育成は完了しません。研修後も3か月間隔で定期的なフォロー研修を実施することで継続した育成サポートをいたします。それぞれの道を歩み始めた研修時代の仲間から刺激を受ける気付きの場となります。

自立型人財が育つ研修の仕組み

日々の研修ではPDCAを意識しながら、技術と社会人力を養えるよう設計されております。

受講生の学習状況は弊社開発の学習管理システムを通じていつでもどこでも把握することができます。

最高の講師陣

最高の教育を届けるには、「誰が教えるか」が大切です。徹底した訓練を積んだ50名以上の弊社プロパSEが徹底サポートいたします。

教育理論に基づいた講師育成メソッド 開発スキルだけでは適切な講義はできません。全講師が感情や経験則に頼るあやふやな講義ではなく、しっかりと受講生の成長を支援できるよう、教育理論に基づいた講師育成メソッドを土台に毎年講師トレーニングを積んでいます。

技術と情熱にあふれる
代表講師の紹介。

負担軽減をテーマに費用も抑えさせていただきました

費用だけではなく、お客様の申請時の負担も限りなく『ゼロ』に。

当研修の実績を最後にご紹介いたします

受講開始までの流れ

お問い合わせ

弊社にご関心をお持ちいただきまして、ありがとうございます。ご意見・ご相談など、お気軽にお問合わせください。また、お電話からのお問い合せは下記番号にて承っております。お問い合せ内容の確認後、担当者よりご連絡させていただきます。

下記よりお問い合わせになりたい項目をご選択ください。


03-5812-7529
(代表)

受付時間 9:00~18:00(土日祝休)

  • お問い合わせ内容必須
  • 御社名必須
  • 氏名必須
  • フリガナ
  • 電話番号必須
  • メールアドレス必須
  • お問い合わせ詳細

個人情報取扱について

当社に提供いただいた個人情報については、「個人情報保護基本方針」に従って取り扱うものとし、その使用目的はお問い合わせ対応に限ります。
また、本人の同意がある場合又は法令に基づく場合を除き、取得した個人情報を第三者に提供・開示及び処理を委託することはありません。

※内容確認は表示されません。送信前に入力内容を再度ご確認ください。

Top