助成金申請無料サポート

助成金を活用しませんか?

当研修では、費用の高さから社員育成を断念してしまう企業様を少しでも減らすことができればという思いから、
可能な限り利用しやすい費用を設定させていただいております。

さらに、厚生労働省が実施する助成金制度を利用することで研修費用を大幅に軽減することも可能です。
企業を支える社員への投資を安全に進めるためにも、助成金の活用をお勧めしています。

東京ITスクールでは助成金申請時の手続きやご相談などのサポートを無償で行っておりますので、
どのような要件でも、お気軽に相談窓口までお声掛けください。

助成金活用で研修費用を大幅に削減できます

3か月間の研修での助成金シミュレーション ※

賃金助成 経費助成 実施助成 助成金合計
若年人材育成訓練
3か月研修
364,800円 332,100円 696,900円
特定分野認定実習併用職業訓練
3ヶ月研修+OJT3ヶ月
364,800円 442,800円 319,200円 1,126,800円

利用可能な助成金


助成金活用の5つの注意点

1.雇用関係
計画届の提出日の前日から6か月前の日から支給申請書の提出日までの間に、
雇用する雇用保険被保険者を事業主都合により解雇等(退職勧奨を含む)をした場合受給不可になります。

2.申請期限
計画申請は、「訓練開始の前日から起算して1か月前まで」の申請が厳守です。
ただし、新たに雇い入れる社員の場合は1か月を切っていても申請可能です。

3.出欠条件
助成金を受け取るためには、年間職業能力開発計画番号ごとに8割以上の出席が必要です。
※特定分野認定実習併用職業訓練または有期実習型訓練の場合、OFF-JTとOJTそれぞれで8割以上の出席となります。

4.研修後の業務形態
「助成金支給対象の社員は、派遣労働者として雇用されているものでないこと」とされています。
派遣社員で開発現場等で勤務すると助成金が不受理になる可能性があります。

5.労務
昨今、労務に関して労働局のチェックが厳しくなっています。
雇用契約、給与規定(残業代)などを今一度ご確認ください。
※労務に関しては、当社からご回答致しかねることをご了承ください。